インテリア科

インテリア科

職業実践専門課程テクノロジー・建築分野/2年課程・定員20名

インテリア科

めざすは住環境のスペシャリスト!
今必要とされるコーディネーターを育成

私たちの住空間は、多彩なインテリアエレメントによって成り立っています。本学科は内装やコーディネイトだけではなく、バリアフリーや医療的な観点、建築学の視点から、設計やプランニング能力を身につけた人材を育成することが目標です。時代にあった総合力のあるコーディネーター・プランナー・建築士をめざします。

国土交通大臣指定「二級建築士」指定科目履修学科(実務経験免除)/国土交通大臣指定「木造建築士」指定科目履修学科(実務経験免除)

インテリア科について

1.最新のコンピュータ環境を使用する、高度なプレゼンテーション教育

使用するコンピュータは常に最先端スペック。複雑な処理が必要となるCADソフトでも、ハイスピードで処理できます。あなたの創造するアイデアを瞬時に美しく表現できるこの環境は、必ず期待に応えてくれます。

2.難易度の高いインテリアコーディネーター取得をサポートする対策講座

インテリアコーディネーターは、業界の一番資格。しかも合格率20%台(学生においては数%)の前半という超難関。対策講座は、現役のインテリアコーディネーターが担当。合格までのノウハウやスケジューリングを的確に指導します。

3.大型プロジェクターによる映像鑑賞ができる学習環境

座学の授業だけでは得られないものがあります。それが大型映像を駆使して行われる、ビジュアル教育。感性を磨き、そして増幅するための優れた映像体験ができます。特別選定のDVDライブラリーも魅力的です。

資格について

本学科ならコーディネイト、リフォームに共通する分野を一度に学べる

介護保険制度の創設を機に、福祉と住宅を一体的にとらえる考え方が普及しています。これらは、住環境や商業ビルを設計する際に、福祉関連の知識が無いと対応できないことを意味しています。本学科では、通常のインテリアの授業に福祉関連講座を設け、時代のニーズに合う人材を育成します。また、併せて必要資格などの取得もめざします。

めざせる資格

  • 二級建築士(実務経験免除)
  • 木造建築士(実務経験免除)
  • インテリアコーディネーター
  • キッチンスペシャリスト
  • インテリア設計士
  • インテリアプランナー
    (要・所定の実務経験)
  • アソシエイト・インテリアプランナー
  • 商業施設士
    (卒業後実務経験1年以上で受験資格)
  • 商業施設士補(商業施設士試験受験資格認定校)
  • CAD利用技術者基礎試験
  • カラーコーディネーター
  • リビングスタイリスト
  • 福祉住環境コーディネーター
  • リテールマーケティング(販売士)検定

めざせる職種

住空間に特化した専門性で、活躍のフィ−ルドが広がる

顧客のさまざまな状況に対応し企画・提案するだけではなく、今後ますます多様化する住空間や顧客のニーズにおいて、総合的に管理・アフターケアのできるインテリアコーディネーターの役割は高まっています。建設会社、工務店、リフォーム会社、設備会社、設計事務所などで活躍でき、さらにその知識は接客販売職にも有利です。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • リフォームコーディネーター
  • リフォームプランナー
  • リフォームアドバイザー
  • ハウジングアドバイザー
  • ショップスタッフ

など

学びのステップ

1年次

単位空間づくりから大空間の基本コーディネイト技術を学ぶ

1年次では、インテリアやリフォーム、福祉関係の基礎を学びます。特に必要なものとして、人間工学や単位空間の理解があります。それらの知識をベースにして、各種のコーディネイト設計などで実習し、住環境から商業ビルまで対応できるようにしていきますので、総合的にアドバイスができるようになります。

2年次

快適な住空間を創造できる表現力を学ぶ

2年次では、さらに応用的な知識、技術を修得し、インテリアコーディネーターや福祉住環境コーディネーター2級など高度な資格の合格をめざします。さらに住み手のさまざまな条件をしっかりととらえ、柔軟でしかも現代のトレンドを取り入れられる、確固とした技術的裏付のある「コーディネイト術」を養います。

メッセージ

Senior's Message

充実の実技指導で基礎から学び
設計者への第一歩を踏み出せました

インテリアコーディネーターに憧れ、体験入学へ。先生や先輩が制作した模型を見て、「自分もこんな模型が作りたい」と思ったこと、さらに実技面でのサポートが充実しているのが決め手で入学しました。高校では普通学科でしたが、基礎から学べるので知識がなくても安心して学べています。模型作りの授業では、基礎の授業を生かしながら設計・デザインを行います。家具のひとつひとつまで、先生にアドバイスをもらいながら作り上げ、教室でプレゼンテーションまで行いました。設計者としての一歩を踏み出せたと感じました。インテリア科は他の科目よりも授業数が多いものの、厳しいとは感じません。中身がある授業だからこそ、集中して学ぶことができています。

阿部 穂佳
宮城県 塩釜高校出身

Teacher's Advice

楽しい発想やアイデアで
住空間をコーディネイトしましょう

インテリアにたずさわる者として少子高齢化は、これからの日本で避けては通れない問題です。障害者の方やお年寄りが「より快適に住むためにはどうしたらいいのか」をみんなで一緒に考えていきましょう。もちろんCAD・トータルコンピュータテクニックをはじめ、就職サポートも万全です。

松野 義勝先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮