電気工事科

電気工事科

職業実践専門課程テクノロジー・建築分野/2年課程・定員40名

電気工事科

電気エネルギー事業のプロフェッショナルをめざす

重要なライフラインである電気。その電気に関する工事を行うには国家資格が必要になります。そのファーストステップが「第二種電気工事士」。本学科では筆記試験や技能試験が免除され、卒業時にこの「第二種電気工事士」の資格が得られます。さらに上級の「第一種電気工事士」をめざしながら、実社会ですぐに役立つ電気の技術、技能を修得します。

経済産業省「第二種電気工事士」養成施設/国土交通省「電気工事施工管理技術検定」受験資格認定/一般社団法人太陽光発電協会「PV施工技術者」認証研修機関/一般社団法人 日本PVプランナー協会 エネルギーマネジメントアドバイザー アカデミック認定校

電気工事科について

1.国家資格の「第二種電気工事士」は卒業時に取得

本学科は、経済産業省の「第二種電気工事士養成施設」として認定を受けていますので、筆記試験や技能試験が免除され卒業時に取得可能です(ただし、校内の試験結果や出席時間などの基準を満たす必要があります)。

2.1年次に第一種電気工事士に合格!

目標は、1年次に第一種電気工事士に合格。電気の知識がない人でも合格できるようにカリキュラムを編成しています。更に、2年次には「2級電気工事施工管理技師」の学科試験合格をめざします。

3.太陽光発電設備工事、通信工事もできるスペシャリストをめざす

本校は、一般社団法人 太陽光発電協会が認証した住宅用太陽光発電システムの施工技術者育成のための研修(認証研修)を行うことができる教育機関としては日本で唯一の「認証研修機関」です。そのため在学中にPV施工技術者の認定試験のための受験資格が得られます。もちろん、通信工事に必要な「工事担任者」や電力自由化時代に必要な「エネルギーマネジメントアドバイザー」の資格取得も可能です。

資格について

電気工事に必要不可欠な資格は
就職時に力を発揮!

「第二種電気工事士」は、一定の条件を満たすと卒業時に無試験で取得できることから、1年次より「第一種電気工事士」と通信工事に必要な「工事担任者」の取得をめざします。また2年次には施工管理技術者に必要な「電気工事施工管理技術検定試験(学科)」合格を目標とし、電気と通信の工事両方を行うことができる資格を取得することができます。また、アカデミック認定校であることから、学内の授業によりエネルギーマネジメントアドバイザーの取得が可能です。

めざせる資格

  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士(卒業時に取得)
  • 工事担任者
  • エネルギーマネジメントアドバイザー
  • 2級電気工事施工管理技術検定
    (実務経験2年以上)
    ※学科試験のみ在学中受験可能(認定校)
  • PV施工技術者
    ※PV:「PhotoVoltaic」の略で、「光電池」や「太陽電池」を意味します。

めざせる職種

「電気のあるところすべて」が能力・技能を発揮する場所

私達が生活するうえで最も大切な役割を果たしている電気。電力の送配電や電気通信の普及など今後ますます発展・進化を遂げる分野でもあります。電気の知識、電気工事施工技術を備えた電気工事士は、電気工事会社だけでなく、電気製品の製造会社、工場・ビルなどの保守点検を行う会社など、電気を扱う幅広いフィールドで活躍することができます。

  • 電気工事技術者
  • 電気工事施工管理技術者
  • 通信工事技術者
  • 電気設備保守管理技術者
  • PV施工技術者

など

学びのステップ

1年次

電気の基礎知識と技術を学ぶ

電気工事士への第一歩は「電気とは何か?」を知ることから始まります。理論と実習を組み合わせたカリキュラムによって、電気に関する基礎や電気工事施工技術について学び、資格取得のための基礎固めをします。さらには「第一種電気工事士」「工事担任者」試験の対策授業にも重点を置き合格をめざします。そして、太陽光発電モジュールの設置工事やエネルギーマネジメント、工事の安全に至るまで幅広く学びます。

2年次

資格取得と実践力を身につける

1年次で学んだ基礎をふまえ、送電や配電などの関連知識や検査方法、測定機器の使用法など、より実践的な技術を修得します。さらに電気保安に関するさまざまな法律も学ぶことにより、「2級電気工事施工管理技士(学科)」合格をめざします。実習では、模擬家屋を使用した屋内配線やモーターのシーケンス制御、または電気図面をCADで描く等実践的な内容を学びます。

メッセージ

Senior's Message

自立した未来へ向かって仲間と支え合い学ぶ日々

高校卒業後、1年間の社会人経験を経て、電気工事関係の仕事に就くため専門的に学ぼうと決意。長い歴史があったことと、体験入学でいい先生との出会いがあったことで、東北電子に入学を決めました。同じ目線で接してくれる先生たち、仲の良い友人とともに勉強、資格取得に励んでいます。1年次で第一種電気工事士と通信工事技術者の資格を取得しました。現在はエネルギーマネジメントアドバイザー取得のために勉強中。電気工事科は皆仲が良く、クラスメートたちと支え合い、励まし合いながら、皆で目標に向かっています。この分野は売り手市場だと思うので、しっかり勉強をして自分の行きたいところを見定めていきたいと思います。

足立 将輝
福島県 尚志高校出身

Teacher's Advice

現代社会を支える電気のA to Zを身につけよう!

電気は社会生活の基盤であり、絶対に必要なものです。情報化が進み、通信分野がさらに進化する今後は電気の役割はますます重要になっていくでしょう。そうした時代の担い手が電気工事士です。現代社会を支える電気の知識や技能を、この学科でしっかりと身につけ、将来の可能性を大きく広げよう!

横田 広先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮