建築科

建築科

学科NEWS

鉄筋コンクリート柱の作成実習

2017年9月 7日

建築科では1年次に木造軸組、2年次に鉄筋コンクリートの実物を作る実習を行っています。2年生が今回行ったのは30cm×30cmの柱の一部分を作るという物で、型枠を外し完成しました。

鉄筋コンクリート柱の型枠外し

あと半分!

鉄筋コンクリートは型枠と呼ばれるベニア板の中に鉄筋を組んだ後、生コンクリートを流し込み、固まったら型枠を外してできあがります。
コンクリートは設計した強度が出ているか確認するため、円筒形のテストピースを同時に作っておき、圧縮試験機で押しつぶして強度を確認します。

強度は4週間後に所定の強度に達しますが、段々強度が増して行く状況を確認するため、1週間毎に実験を繰り返します。
1週間目の今回は派手にヒビが入りました。

1つのグループで5つ

3回直径を図り、平均の値を記録します

テストピースに圧力をかけます

手元のスイッチを慎重に

派手にヒビが入りました

52,000N(ニュートン)
ちょうど1/4位の強度になっています

もう一方のグループも図ります

圧力をかけて......

先ほどのグループよりヒビが控えめです

年別アーカイブ

テクノロジー・建築分野

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • デジタルコンテンツ
  • Google ストリートビュー