東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

テクノロジー・建築分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

学科NEWS

ほぞ差し鼻栓で、学校を救う!入学2ヶ月の1年生、大工技能継承開始
これなら自分たちでも直せそうだぞ! 脚がボロボロです

先日、校舎前広場のガーデンベンチが傷んでいると聞いて様子を見に行った1年生。
「これなら僕たちでも直せるんじゃね?」という事で、早速、実習棟に運び込んで、棟梁に相談。
その日のうちに木材加工を完了し、塗装も終えて現地に設置して来ました。

入学後わずか2ヶ月。
これまで作成したのは、自分が使う分の馬(うま)と呼ばれる作業台と道具箱、そして今年度作成する模擬家屋の土台部分は、1年生だけで担当しました。
木材にノミで穴を彫り、組み合わせる技術はすでに何度も経験済みです。木材の切れ端の中から水に強い松(まつ)を集め、形も地面の水を吸わないように、そして強度とカッコ良さも追求して、棟梁に相談しながら設計も行いました。
塗装を行うと聞いた担任からは、就職対策の時間の中で、木材に適した塗料の種類や、薄く何度も塗ること等も教わりました。

まずは解体、ヤー! 初めて加工機械も使わせてもらいました 折角なので木組みだけで仕上げたいと
鼻栓(はなせん)で固定しました
最後は入念に塗装作業。
こちらは授業には無いスペシャルメニュー
完成!  初めてのお仕事を終え、「やっぱ大工だな!」

出来上がりは上々! 我ながら良くできたものです。

皆さん、お昼休みは広場でお弁当を食べませんか!
そして、ベンチの脚を覗いてみてください。

「それ、僕たちが造りました!!!」

【Up Date:H28.06.13】

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度