東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

テクノロジー・建築分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

学科NEWS

住宅のコンクリート基礎づくりに挑戦しました

建築大工技能科の1・2年生合同で、模擬家屋をつくる基礎となる、鉄筋コンクリートに挑戦しました。
コンクリートの基礎工事は大工の仕事ではないと思われるかもしれませんが、「型枠大工」という職業があることが示すとおり、コンパネや木材を精巧に加工しコンクリート型枠を作ることもひとつの大工の仕事です。
また、鉄筋を組んだりコンクリートを打設することは大工の技術ではありませんが、大工技能以外の住宅建設における工程を学び理解することも、家づくりに欠かせない知識と言えます。

まずは、床にコンクリートを打設するための型枠づくりを行いました。
コンパネを切り出した板と枠を組んで型枠を作り、セパレータと呼ばれるコンクリートの幅を確保するための部材を使って組み上げます。
コンクリートの中には、強度を確保するために鉄筋も組んでいきます。
ここまでの模擬家屋1棟分の型枠を2週間をかけて実習で製作しました。

模擬家屋の施工現場です 完成したコンクリート基礎をつくるための型枠 鉄筋も組んでます

今日の実習はコンクリートの打設です。
コンクリートの材料となる砂利、砂、水、そしてセメントをコンクリートミキサーと呼ばれる機械で撹拌(かくはん)します。材料の配合は事前に強度設計した数量通りに計測した上、準備した砂の水分量に合わせて調整しなければならず一苦労。また、コンクリートはすぐに固まり始めるので、作業は時間との勝負です。
出来上がったコンクリートを型枠に流し込み、突っつきながらコンクリート内部の気泡を出し、金ゴテで表面を整えます。
学生にとってコンクリートを打つのは初めての作業。時間との勝負ともあって四苦八苦の作業となりました。

コンクリートの骨材となる砂利と砂を準備 セメントも用意して コンクリートミキサーで材料を撹拌 強度試験も行います
バケツに移し替えて 型枠に
コンクリートを
流し込みます
すぐにコンクリートを
かき混ぜ気泡を抜きます
金ゴテを使って表面を整えていきます 打設完了です

次回、型枠を外したとき基礎のコンクリートがうまく出来ているか…今から楽しみです。
基礎ができたら、その上に木造軸組を建築していきます。

【Up Date:H29.05.19】

過去の学科NEWS

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度