建築大工技能科

建築大工技能科

職業実践専門課程建築・工学分野/2年制・定員20名

建築大工技能科

本物の住宅建築を作れる大工の技術、建築士の知識を持った「匠」をめざす

「匠」=使い手の生活を思いやり、材料や構造も理解して創造される設計、加えて大工技能の技、これらをあわせ持つ技術者。匠をめざして、住宅建築の仕事に必要な理論と、大工技能を基礎からじっくりと学んでいきます。住宅技術者の信頼のあかし「二級建築士」は実務経験1年以上で受験可能。

国土交通大臣指定「二級建築士」指定科目履修学科(実務経験1年以上)/国土交通大臣指定「木造建築士」指定科目履修学科(実務経験1年以上)/国土交通大臣認定「2級建築施工管理技士」受験資格認定(実務経験2年以上)/厚生労働大臣指定「建築大工技能検定」指定学科

建築大工技能科について

1.住宅建築の基本、大工の職人技に込められた「ものづくり」の心を学ぶ

日本家屋は地元の木材を使い地域の文化を育んできました。大工は材料の特性を理解し、100年後を見すえて匠の技を磨きました。建築技能実習でその技と心を学び、本物の住宅を作れる技術者をめざします。

2.「丈夫で暖かい家」を造る東北地方の大工になるために学ぶ

地震に強い丈夫な家は、壁や金物の計算理論と、基準通りに作る技術の両方が必要になります。暖かい家は、断熱性能の理論と、断熱材に加え気密工事で結露を防ぐ最新の工法を身につける必要があります。これらの理論を学び、技術を身につけた「いつまでも、丈夫で暖かい家」 を作れる大工になりましょう。

3.技術と知識を修得し、二級建築士は実務経験1年以上で受験

本学科は二級建築士試験が実務経験1年以上で受験可能な国土交通大臣指定科目履修学科です。技術に裏付けられた確かな知識を身につけ、信頼される住宅建築のプロをめざします。

資格について

二級建築士、2級建築施工管理技士、建築大工技能士のトリプル資格

「二級建築士」は設計士に必要な国家免許。「2級建築施工管理技士」は現場管督に必要な国家試験「2級建築施工管理技術検定」の合格者に与えられる称号。「建築大工技能士」は技能の修得レベルを評価する国家資格。住宅建築に必要なこの3つを持ったエキスパートをめざします。

めざせる資格

  • 一級建築士(二級建築士取得後実務経験4年以上)
  • 二級建築士(実務経験1年以上)
  • 木造建築士(実務経験1年以上)
  • 2級建築施工管理技士 (実務経験2年以上)
    ※学科試験のみ在学中受験可能
  • 建築大工技能士(2級3級を在学中に受験可能)
  • 労働安全衛生法による技能講習修了

めざせる職種

大工の心を持った建築士、設計の価値のわかる大工で本物の住宅建築を

住宅建築は住まい手の一生の夢を形にする大事な仕事です。さらに、住宅を地元の木材を使って作りたいという需要も増えています。しかし、建築の現場を担う技能職は高齢化が進み、将来を担う若手が大変不足しています。これらに応えられる本物の住宅建築を作れる大工の心を持った建築士と、設計の価値のわかる大工が今、求められています。

  • 大工
  • 技能職
  • 設計士
  • 建築施工管理技士

など

学びのステップ

1年次

住宅建築の基礎知識を学び、製図・大工技能の基礎を固める

木造住宅の構造(しくみ)と、設計に必要な基礎知識をじっくりと学びます。技能実習では本物の材料で実物大の木造モデルを1年間で建築していきます。また、建築基礎製図で図面の引き方・読み方を修得します。さらに、建築物や工事現場の見学で建築の魅力を発見し、自己の可能性を見つけます。

2年次

住宅設計課題と木造モデル実習で大工技術の実践力をみがく

具体的な住宅の設計手法を、住宅計画の理論と建築設計製図の実習と連動しながら実践的に学びます。また、実務で必要となるCAD操作法も修得。建築材料・生産・法規も学び実践力を高めます。技能実習では新たな木造モデルを建築し経験を重ねます。図面から始まる住宅建築のプロセスの一通りを学びます。

メッセージ

Senior's Message

木造の模擬家屋を造り現場で生かせる技術を学びます

小さい頃、大工をしていたおじと犬小屋を作るなどして遊ぶうち、大工という仕事に憧れるようになり、中学生の時にはこの道に行こうと意志を固めていました。高校卒業後の就職も考えましたが、基本的な知識と技術を身につけてから社会に出たいと思いこの学科へ。学校では一年次から実習があり、先輩と一緒に模擬家屋を造る経験ができます。簡単にできると思っていたことが実際は難しかったり、座学だけではわからなかった発見ができたりと、現場では常に新しい学びの連続です。夢は自分が設計した木造住宅を建てること。木材は種類によって強度が違い、節のありなしでも印象が変わります。木の奥深さを活かした住宅を建てて母にプレゼントすることも目標です。

川村 知希さん
宮城県 東北高校出身

Teacher's Advice

住宅は一生の夢、それをたくせる技術者になろう

住宅を作るためには住宅に関する全般的な知識をもった設計士と、確かな技術を持った大工の両輪が必要です。また一生に一度の夢を実現させる仕事ですから、お客様の家族を思いやる人間性も欠かせません。技術に裏打ちされた 確かな人間性を持ち、信頼される技術者になりましょう。地元で工務店を持つ夢を応援します。

伊藤 功啓先生

  • 学校見学情報
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 募集要項
  • 学生寮
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介ムービー
  • Googleストリートビュー
  • Q&A