東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

ITビジネス分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

授業風景

システムエンジニア科 企業連携システム開発を行いました

システムエンジニア科3年生は、この時期恒例の企業連携システム開発実習を行いました。

仙台のIT企業、株式会社コー・ワークスの武田様より「システムエンジニアの仕事で大切なことは?」など、業務に関わる上で重要な心構えをお話しいただき、その後、課題を説明していただきました。

課題はデータベースを利用したもので、全天候型3G_RFIDリーダー(※1)で取得した生のデータを基に、表形式で必要な情報をWeb画面に表示するプログラムを作成します。

Bクラス講師 Bクラス講師
株式会社コー・ワークス 武田 修 様 東北電子専門学校の卒業生が設計した、
全天候型3G_RFIDリーダーです

実際のランニングイベントで計測したデータは既にデータベースに格納されており、それを利用しやすい形式に加工・表示するプログラムの作成を行います。
また、作成したプログラムを納品するために、納品・検収(※2) を行い、仕様通りのプログラムになっていることを確認しました。

Bクラス講師 Bクラス講師 Bクラス講師
データベース担当とプログラム担当に
分かれて作業するチームが多かったです
話し合いながら、
どのように進めていくか考えます
データベースを操作するSQLという言語で、
目的のデータを収集しています
がんばって作成しています!
チーム代表者が
生成されたドキュメントなどを提示し、
検収を行いました

実際の学校の課題ではプログラムを作成して提出するだけのことも多いですが、「表示されているデータの正しさをどうやって確認したか」「ドキュメントの分かりやすさや正確さを考えて作っているか」など、実際の業務と同じ内容を求められることに戸惑いながらも、きちんと対応し、条件付きではありますが全チーム開発を完了しました。
企業で求められるスキルを意識する良い機会になったと思います。

※この装置は、本校の組込みソフトエンジニア科(元コンピュータ制御エンジニア科)の卒業生が開発したもので、昨年は「第23回世界スカウトジャンボリー」(4年に1度開かれる世界スカウト機構主催のスカウトの大会)の参加者3万人以上の現在位置を把握するためにも利用されたものです。
関連URL:http://www.co-works.co.jp/talk_of_event_sys.php

※2検収とは? …納入された製品・作成されたプログラムなどを発注元に収めるとき、「発注通りか検査・点検して受け取る」こと。システムが完成していても、「仕様書」に記載された機能を実現していない場合、完成品とみなされないことになります。


過去の授業風景

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度