東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

ITビジネス分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

SEA/Jアカデミー プログラム認定/シスコ・ネットワーキング アカデミー・プログラム実施/LPI-Japan アカデミック認定/CompTIA Authorized Academy/経済産業省「情報処理技術者試験」 午前科目免除認定

学ぶSTEP

文部科学大臣認定 職業実践専門課程
基本情報 午前試験免除
1年次

共通カリキュラムで ITの基礎から学ぶ

ハードウェア・ソフトウェア・アルゴリズムなどを基礎から学びます。また、「情報処理技術者試験」については経済産業省から午前科目免除認定を受けているため、校内で行われる修了試験に合格すると、基本情報の午前試験が免除となります。さらに直前対策授業や全校統一模試で、多角的に弱点を分析し、試験対策は万全です。

2年次

最新のセキュリティ知識をマスター

SEA/Jアカデミープログラムを使用し、セキュリティの基礎からマネジメントまでを学びます。また、セキュリティ構築のための前知識としてのネットワークプロトコルを学びます。

3年次

応用編、資格取得、卒業研究の三本立て

ファイヤーウォールやVPNなどのセキュリティ構築方法を学習し、機密性保護に必要な知識を学習します。また、ベンダー資格取得や経済産業省「情報セキュリティスペシャリスト」試験のための対策授業も行います。卒業研究では、各自が研究目標を設定し、最新セキュリティ技術について研究します。

コースのここに注目!

理論の学習だけではなく、各種サーバへのセキュリティの実装やファイヤーウォールの設定も行い、実際に近いセキュリティシステム構築を実践。情報セキュリティスペシャリスト資格試験にもチャレンジします。

資格について

社会的ニーズの高い
セキュリティエンジニア必須資格を取得

経済産業省ITSSに対応した情報セキュリティプログラムである「SEA/Jアカデミープログラム」や、CompTIAの「CompTIA Authorized Academy」で、習得した知識とスキルをより実践的に行い、各種資格取得をめざします。
めざせる資格
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITパスポート
  • ネットワークスペシャリスト
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • CompTIA Security+
  • SEA/J情報セキュリティ技術認定
  • CCNA Routing and Switching (シスコ技術者認定)
  • CCENT(シスコ技術者認定)
  • LPIC(Linux技術者認定)
  • 情報検定(J検)
      情報システム試験
      情報活用試験

めざせる職種

すべてのビジネス分野に活躍の場あり!

情報セキュリティは、今後さらに社会的ニーズが高まる分野。セキュリティエンジニアは、セキュリティポリシーや認証取得といった管理面と、ファイヤーウォール、セキュアサーバ構築などの技術面の分野に分かれます。両分野の知識と技術を備えたセキュリティエンジニアは、あらゆるビジネスシーンでの活躍が約束されています。

セキュリティエンジニア ネットワークセキュリティエンジニア 情報セキュリティアドミニストレータ
ネットワーク管理者 サーバ管理者 など

メッセージ

Senior's Message

Senior's Message

川原 優

宮城県
聖和学園高校出身

手応えのある授業やICTイベント
楽しく学ぶ充実した毎日です

企業で多く使用されるシスコ社の実機を授業で使えるので、即戦力になれると思いこの学科に入学を決めました。
授業内容は、はじめは難しく感じましたが、今は専門書を読んでも分かるようになり、勉強にやりがいを感じています。
授業以外では「N-1コンテスト」の副委員長を担当し、外部イベント「ICTトラブルシューティングコンテスト」に参加したりと、充実した毎日を送っています。

Teacher's Message

セキュアなWEBサイトで
より安心・安全なインターネットを!

セキュリティコースでは、情報セキュリティの基礎から学び、マネジメント面、技術面を演習・実習を通じてマスターし、一般ユーザに安心・安全にインターネットを利用して頂ける環境を提供する「セキュリティエンジニア」をめざして学習しています。

Teacher's Advice

伊藤 克也先生

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度