東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

クリエイティブ分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

学科NEWS

川柳コンテストに入賞しました

仙台市青葉区保健福祉センター主催の『若い世代の健康づくり川柳コンテスト』に本学科の2名学生が入賞しました。

健康増進賞受賞 おめでとう!

 

★健康増進賞  上埜 翔君

夢の中 母の怒号で 目を覚ます

【感想】

最初はチラシを見て、「取り敢えずやってみるか」と言う感じで応募を決意しました。とは言え、やるからには本気でやろうと思い、どんな物を送ろうかと毎日考えておりました。
次第に俳句に対して熱意を抱く様になり、〆切前日でようやく完成しました。
しばらくして担任の先生から「受賞した」と聞かされた時は本当に驚きました。その事を両親にも報告したら喜んでくれて、今回のコンテストに応募して良かったと思いました。
ただ、その賞を取った俳句が母を題材にした為、母は若干苦笑いを浮かべていました。

★健康増進賞  岩永 亜弥さん

若いころ 偏食続けて 今メタボ

【感想】

個人的に、ありきたりかもしれないと思っていた物だったので、賞を頂いたと聞いたときにはとても驚きました。
ただ、賞を頂けたということは、何かしら、よいと思う点があったのかなと思い、嬉しくも感じました。
この川柳は、読んだ人が自分で生活習慣や健康状態の改善方法を考えられるようにと作ったものでした。
生活スタイルは人それぞれ。
染みついた生活習慣を変えるのだって、今日からガラッと変えられる人もいれば、少しずつ、長い時間をかけて変えていく人もいます。
自分の変え方は自分で考えた方が、自分に合った変え方を選べるかと思います。
自分で考えても分からないなら、他の人に参考程度に意見をもらうのも良いでしょう。
あくまで、自分自身で考えられるよう、「こうしなさい」と、初めから答えを示すのではなく、 「どうしますか?」と、暗に自分で考えよと、尋ねる形にしました。
今、思うものは、 選んでいただきまして、ありがとうございました。
是非に、ご自分の健康を、改善点があると思うなら、その改善方法を、ご自分でお考えください。
考えるだけでなく、行動することも、忘れずに。
という思いです。

【Up Date:H29.02.11】

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度