東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

クリエイティブ分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

学科NEWS

デジタルサイネージコンテストに入賞しました

Webクリエーター科2年生は、映像編集授業で映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作など映像編集を学んでいます。

授業の一環として、リコージャパン株式会社と本校共催の「デジタルサイネージコンテスト」に応募すること決め、入賞をめざし制作に頑張りました。

応募コンテンツのコンセプトは、「東北の魅力を世界に」。
多くの方に東北に来ていただき、東北の魅力を日本だけでなく世界に伝えることの表現です。

10月27日に本校会場で「デジタルサイネージコンテスト最終審査会・表彰式」が開催されました。

12名が一次審査を通過し、下記の5名が入賞いたしました。

グランプリ受賞 小川くん
 グランプリ  「ここでみつけた美しさ」  小川 智明さん 
優秀賞 「Good Place Sendai」 菅原 涼さん
優秀賞 「東北の魅力を世界へ」 仲江 楓実さん
入選 「Have a nice trip!」 岸元 康子さん
入選 「歴史・伝統 × 現代・食」 佐藤 希帆さん

翌日には審査結果について、一次審査を通過したそれぞれの作品について審査員の方々からのコメントを頂きました。今後、作品を作る上で気をつけるヒントとなることでしょう。

以下は、入賞した5名からの感想です。

★グランプリ 【ここでみつけた美しさ】 小川 智明君

1.作品コンセプト

私は今回、「風景」「自然」「街」の三点に絞って動画を制作しました。東北の美しさをしっかり表現できるような動画をめざしました。

2.制作にあたり、工夫した点

言葉で伝えること、を大事に動画を制作してきました。 BGMもあえてメッセージ性のある曲を選曲し、最後の二行の文章で初めて東北に訪れる人がもう一度来たいと思ってもらえるように工夫しました。

3.感想

素直に嬉しいです。
私の作品は比較的イレギュラーだったと思いますが、自分らしさを出したいという思いが強く、この動画を通して表現できたので良かったです。

★優秀賞 【Good Place Sendai】 菅原 涼君

1.作品コンセプト

仙台市の代表的な部分にクローズアップして自分がその地に赴き眺めているよう動きを加えました。

2.制作にあたり、工夫した点

ちょっとした遊び心を加えながら色と音がマッチするように制作しました。

3.感想

今回サイネージの制作にあたって、技術を身につけながら進めていったので時間もかかりましたが、今後も動画制作の腕を上げていきたいと思います。

★優秀賞 【東北の魅力を世界へ】 仲江 楓実君

1.作品コンセプト

東北の魅力を世界へ発信すると言うテーマでつくったので、東北の各県の写真を集め、最後に外側に向けて世界へ発信すると言うイメージで制作しました。

2.制作にあたり、工夫した点

普段は映像を主に扱う科ではないため、自分の表したいイメージを実際に画面上で表現するには技術がいりましたが、自分なりにできるかぎり工夫して制作できたのではないかと思います。

3.感想

少ない時間と技術、コンテンツで制作したため、優秀賞をいただけることは考えていませんでした。しかし自分の表現したかったことが審査員の皆様に伝えられたのかなと思うと嬉しかったです。

★入選 【Have a nice trip!】 岸元 康子君

1.作品コンセプト

空から見る東北の景色

2.制作にあたり、工夫した点

「世界に発信する東北の魅力」というテーマから航空便を連想し、飛行機から東北の景色を覗くようなイメージで制作しました。朝から夜にかけての空の変化という形で、時間の流れを持ち込み、最初と最後に英語と日本語でメッセージを入れることで単調な構成にならないように気をつけました。

3.感想

動画制作は不慣れで戸惑うことも多かったですが、入賞という評価をいただけてうれしかったです。審査員の方々のお言葉をこれからの制作に活かしていきたいと思いました。

★入選 【歴史・伝統 × 現代・食】 佐藤 希帆君

1.作品コンセプト

東北の歴史を楽しむことができる場所と、訪れることで実際に楽しむことができる食を「歴史と現在」として楽しめる作品にしようと考えました。

2.制作にあたり、工夫した点

表示されているものが「どこのもの」で「何」なのかが分かるように工夫しました。
写真の見せ方に変化をつけたり、東北の魅力を伝えられるよう表現することには苦労した覚えがあります。

3.感想

自信があるとは言えない作品だったため、まさか入賞するとは思っていませんでした。
何事も挑戦してみることが大切だと改めて実感いたしました。 作品を評価して下さった審査員の方々にこの場をお借りして御礼を申し上げます。ありがとうございました。

【Up Date:H28.11.08】

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度