制作技術コース

制作技術コース

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年課程

映像放送科

制作技術コース

放送・映像・音響・照明を支えるプロのマルチスタッフをめざす

総務省「第一級陸上特殊無線技士」認定

資格について

就職に有利な免許資格取得をめざす

「映像音響処理技術者」資格認定試験は、映像や音を編集・加工する制作会社(ポストプロダクション)の就職には有利な資格です。「第一級陸上特殊無線技士」は、ニュース報道で中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許資格で、2年間の成果として卒業時に取得可能です。

めざせる資格

  • 第一級陸上特殊無線技士
  • 映像音響処理技術者
  • マルチメディア検定

めざせる職種

活躍の場はデジタル放送
送出現場・番組やCM制作現場

ポストプロダクションや放送局に所属し、番組制作やCM制作、映像制作などに携わる映像業界への就職が第一目標。ほかにも、放送局の中継現場やコンサート会場の照明・映像スタッフなど、デジタルの技術を活かせる分野をめざします。超画質化技術・多チャンネル化などでますます注目されている分野です。

  • テクニカルディレクター
  • 番組中継スタッフ
  • ビデオエンジニア
  • マスター送出エンジニア
  • 報道カメラマン
  • テレビカメラマン
  • 映像エディター
  • ライティングディレクター

など

学びのステップ

1年次からコースに分かれて学習します。(一部共通学習有り)

1年次

テクニカルディレクターに必要な技術を学ぶ

映像の基本的な表現方法とシステムの扱い方、デジタル映像の特色であるノンリニアを中心に、テレビメディアにおける映像・音響・照明・編集方法などの技術を学修。さらに放送に必要な技術の基礎となる電気工学・電子工学を学びます。この授業は第一級陸上特殊無線技士の資格取得に直結しています。

2年次

学内で学んだことを現場で実践

番組制作実習では、撮影、照明、編集、音入れまで現場と同様に展開、同時に演出、技術、出演者の関わりを学びディレクションスキルとテクニカルスキルを身につけます。また、豊富な校外実習により、社会に出て即戦力となる素養を培います。さらに、無線従事者に必要な通信工学を学修します。

メッセージ

Senior's Message

プロユースの機材を使って本番さながらに学べる実習が魅力です

中学生のころから独学で映像を勉強し自作映像をWEB公開していました。東北電子では、より本格的な技術を身につけるため学んでいます。プロが使用する映像・音響機材を用いるスタジオ制作基礎実習では、業務用機材を使うことで緊張感もありますが、実践的で得るものがたくさんありました。撮影した映像はすぐに確認できるので、友達から評価やアドバイスをもらっています。また、映像編集を学ぶノンリニア、DTVの授業では、映像技術の基礎的な部分を理解でき、やりがいを感じています。自分の知識を高めるために資格取得にも力を入れて勉強する日々。卒業後は映画制作の現場をめざし、ゆくゆくはハリウッドで活躍するカメラマンになりたいです。

小野 慎悟
秋田県 大館国際情報学院高校出身

Teacher's Advice

個性や感性を最大限に伸ばしていきたい!

人の数だけ表現があります。そして表現に正解はありません。大切なのは、対象への視点です。だからこそ私がモットーとしているのは、学生の持つ個性や感性を、最大限に活かす指導を行うことです。ここで2年間を過ごせば、自信をもって社会に羽ばたくことができるはずですよ。

八巻 吉市先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮