東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

クリエイティブ分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

総務省「第一級陸上特殊無線技士」認定

学ぶSTEP

文部科学大臣認定 職業実践専門課程
1年次

テクニカルディレクターに必要な技術を学ぶ

映像の基本的な表現方法とシステムの扱い方、デジタル映像の特色であるノンリニアを中心に、テレビメディアにおける映像・音響・照明・編集方法などの技術を学修。さらに放送に必要な技術の基礎となる電気工学・電子工学を学びます。この授業は第一級陸上特殊無線技士の資格取得に直結しています。

2年次

学内で学んだことを現場で実践

番組制作実習では、撮影、照明、編集、音入れまで現場と同様に展開、同時に演出、技術、出演者の関わりを学びディレクションスキルとテクニカルスキルを身につけます。また、豊富な校外実習により、社会に出て即戦力となる素養を培います。さらに、無線従事者に必要な通信工学を学修します。

コースのここに注目!

実習機材も最新鋭のデジタル機器を備え、放送送出に関わるさまざまな技術を学修します。このコースでは、総務省の認定を受けており、報道などの中継現場が求める「第一級陸上特殊無線技士」の資格が2年間の成果として取得可能です。

資格について

就職に有利な免許資格取得をめざす

「映像音響処理技術者」資格認定試験は、映像や音を編集・加工する制作会社(ポストプロダクション)の就職には有利な資格です。「第一級陸上特殊無線技士」は、ニュース報道で中継現場から放送する時に必要な無線従事者免許資格です。
めざせる資格
  • 第一級陸上特殊無線技士
  • 映像音響処理技術者
  • マルチメディア検定

めざせる職種

活躍の場は
デジタル放送送出現場・番組やCM制作現場

ポストプロダクションや放送局に所属し、番組制作やCM制作、映像制作などに携わる映像業界への就職が第一目標。ほかにも、放送局の中継現場やコンサート会場の照明・映像スタッフなど、デジタルの技術を活かせる分野をめざします。デジタル放送・多チャンネル化などでますます注目されている分野です。

テクニカルディレクター 番組中継スタッフ ビデオエンジニア
マスター送出エンジニア 報道カメラマン テレビカメラマン
映像エディター ライティングディレクター など

メッセージ

Senior's Message

Senior's Message

内海 佐紀

宮城県
泉松陵高校出身

大きな達成感が得られる授業で映像技術者としてのスキルを磨く

映像の撮影から編集まで実践的に学びますが、中でも「ノンリニア編集実習」が難しくも面白い授業。
たくさん撮影した素材の中から、どこを切り取ればより良い作品となるかを追求するのが楽しいです。
「カメラワーク」は、カメラやスイッチャー、モデルなどの役割に分かれ、全員同時進行で収録を行うので、とっさの判断力やチームワークが磨かれ、大きな達成感が得られる授業です。

Teacher's Advice

個性や感性を最大限に伸ばしていきたい!

人の数だけ表現があります。そして表現に正解はありません。大切なのは、対象への視点です。だからこそ私がモットーとしているのは、学生の持つ個性や感性を、最大限に活かす指導を行うことです。
ここで2年間を過ごせば、自信をもって社会に羽ばたくことができるはずですよ。

Teacher's Advice

八巻 吉市先生

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度