映像演出コース

映像演出コース

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年課程

映像放送科

映像演出コース

ディレクター・リポーターに必要な制作スキルを学びプロをめざす

資格について

プロの世界でも困らない技術を身につける

制作現場では、ディレクターが編集することがあります。そのための映像音響処理技術者の基礎を身につけます。また、制作、放送スタッフには、ビジネスの知識や、放送・制作に対するリテラシーも必要です。本コースでは、映像表現を学ぶと同時に、モラルに関わる問題も勉強します。

めざせる資格

  • 映像音響処理技術者
  • マルチメディア検定

めざせる職種

番組制作のトップに立てるスキルを身につけ放送業界へ

放送業界ではディレクション、リポートスキルを身に付けたマルチスタッフの存在に期待する声が多く聞かれます。本コースではテレビ・放送の第一線で活躍されているプロフェッショナルが、高度な専門テクニックを惜しみなく伝授します。デジタル放送対応の最新機器を使った実習により、放送の制作現場で即戦力として活躍できる人材を育成します。

  • ディレクター
  • 映像エディター
  • レポーター

など

学びのステップ

1年次からコースに分かれて学習します。(一部共通学習有り)

1年次

ディレクションに必要なマルチスキルを養う

映像の基本的な表現方法とテレビというメディアを通した映像・音響・照明・編集などの技術を学修。さらに、制作演出に必要な企画プレゼンテーションや構成演習などを学び、ディレクションスキルを身につけます。同時にリポーターに必要な語学、ヴォイストレーニング、取材インタビュー実習を通じて状況描写などを学修します。

2年次

企画構成、演出力など制作スキルを学ぶ

リポートを行うために必要な取材能力やディレクションセンスを身につけたリポーターをめざし、現場感を体得します。制作実習を通じて、制作、技術、出演者の関わりを学び、チームワークの重要性と「場の空気」を伝える手法を多角的に学修し、"話せるディレクター"をめざします。

メッセージ

Senior's Message

ずっと抱いていた夢の実現に
一歩ずつ近づいています

テレビ番組のディレクターになるためには、カメラ、照明、音声など番組制作のための幅広い知識が必要。このコースでは、そのすべての設備が整い、幅広く学べるのが魅力的です。好きな授業は、構成演習。現役のディレクターさんが講師で、テレビ業界のさまざまなことを教えてくださいます。また、学生に1人1台支給されるiPadを使い、映像を撮影して演習も行うノンリニア編集実習の授業も好きです。編集の技術が身につくし、作品の批評を通してより良い作品づくりにフィードバックできてとても勉強になりました。また、先日テレビ番組のスタジオの見学と手伝いを行うインターンシップにも参加させてもらいました。実際のディレクターの仕事を間近で見て、将来への夢が一層強くなりました。

阿部 百華
宮城県 仙台商業高校出身

Teacher's Advice

言葉と映像で自分を表現してください

言葉と映像を通じて自分の思いを伝える。そういう人材が育ってほしいと思います。技術、知識だけではなく"知恵"も大切。物事をどう捉え、どう表現するか、それを学んでほしいです。ディレクターやリポーターをめざす方には、自分がどのような映像作品をつくりたいか、伝えたいか行動力と言葉で表現してみてください。

八巻 吉市先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮