レコーディングエンジニアコース

レコーディングエンジニアコース

職業実践専門課程クリエイティブ分野/2年課程

音響制作科

レコーディングエンジニアコース

感性を持ち合わせたレコーディングエンジニアをめざす

厚生労働省「舞台機構調整技能士」受験資格校

資格について

レコーディングエンジニア/MAミキサーに必要な資格をめざす

レコーディングエンジニアとして必要なスキルを認定する「サウンドレコーディング技術認定試験」や映像制作過程で欠かせないMAミキサーに必要なスキルを認定する「映像音響処理技術者認定試験」の合格をめざしたカリキュラムが組まれています。また、合格を確実にするための対策授業も行われます。

めざせる資格

  • サウンドレコーディング技術認定試験
  • 映像音響処理技術者
  • 舞台機構調整技能士(実務経験免除)
  • マルチメディア検定

めざせる職種

レコーディングエンジニアは「音」を操るスペシャリスト

音楽業界や映像、放送業界は、常に新しい才能が期待される分野です。レコーディングエンジニアとしての技術と感性を活かしたい人の最適なフィールドといえます。本コースでは、音楽のレコーディングミキサーだけにとらわれず、映像制作に欠かせないMAミキサーをめざします。また、校外実習やインターンシップを通して幅の広いレコーディングエンジニアをめざします。

  • レコーディングエンジニア
  • MAミキサー
  • テレビ音声
  • マスタリングエンジニア

など

学びのステップ

1年次からコースに分かれて学習します。(一部共通学習有り)

1年次

音響・映像・照明を学びMAまで学修

コンテンツ制作に欠かせない音響、映像、照明の知識や技術、電気基礎、音楽理論、サウンドミキシング、ProToolsを共通に学修します。同時にレコーディングエンジニアに必要なスタジオ録音の基礎やマスタリング、マルチオーディオ処理について講義と実習を通して学修します。
※MA(Multi Audio)テレビやビデオ映像の編集後に行われる音声処理作業。

2年次

レコーディングテクニックを活かし作品制作

実践的なスタジオ録音技術や録音機器の設定などの基礎知識を学修しながら、ステレオダイレクト録音の方法やマルチトラックレコーディングの方法、エフェクトのかけ方、トラックダウンの学修をします。さらに番組制作を通じて、映像作品をリアルなものにするため、レコーディングテクニックを活かし、作品を仕上げていきます。

メッセージ

Senior's Message

音の加工や編集の手法を修得
作品が出来た時の達成感は大きい!

高校時代にオープンキャンパスで校内を見学しましたが、本格的なスタジオがあって機材などの設備も充実、体験した授業も興味深かったので入学を決めました。授業では各楽器に適した録音の仕方、音の加工や編集の仕方など実践的な内容を勉強します。授業ではProToolsは1人1台使えるし、ミキサー卓で実際の音の変化を聞きながら学べるので楽しいです。実習で自分が音を編集した作品を作ることもあり、作り上げた時の達成感はとても大きいです。最近は音楽の聞き方も変わってきて、どんなミキシングをしているかなど、制作の現場をイメージして聞くようになりました。オープンキャンパスでは操作が分からなかったミキサー卓も自分で操作できるようになり、日々成長していると実感しています。

齋藤 嵩太
福島県 福島商業高校出身

Teacher's Advice

リアルな映像表現には、
レコーディングエンジニアの存在は不可欠

CDや映画などレコーディングエンジニアによって洗練された音は、すばらしい映像作品に仕上げてくれます。その理由は、レコーディングエンジニアが、幅広い感性と音響技術の他に映像、照明、放送など、幅広い知識を持ち合わせているからです。レコーディングエンジニアとして"創る楽しさ"を感じてみませんか。

川村 武史先生

  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 電子パンフレット
  • 特待生・奨学金制度
  • デジタルコンテンツ
  • 募集要項
  • 学生寮