東北電子専門学校は、確かな資格取得と、希望の就職を実現する、充実の設備・施設があなたをお待ちしています。

東北電子専門学校
  • 人事ご担当の方へ
  • アクセスマップ
  • サイトマップ

クリエイティブ分野

  • 学科NEWS
  • 授業風景
  • 先生へ質問
  • 資料請求
  • 学校見学申込み

授業風景

ゲーム制作(Cocos2d-x)

ゲームエンジニア科1年生は、先週から『Cocos2d-x』の学習をしています。

Cocos2d-xとは2Dゲームを制作するためのフレームワークやゲームエンジンと呼ばれるものです。
簡単に言えば、数多くの便利な機能が用意されており、これを使ってプログラムを組むと楽に2Dゲーム開発ができるというもの。

また、プログラムを1つ書くだけでPCでもAndroidでもiOS(iPhon・iPad)でも動くゲームが作成できるクロスプラットフォームという特徴も持ち合わせています。

無料で使えるので、個人開発者も利用していますが、多くの企業も積極的に利用しており、スマートフォン用の2Dゲームの多くはcocos2D-xで開発されています。

代表的な作品を挙げると——

・モンスターストライク
・ディズニー ツムツム
・ブレイブフロンティア
・FINAL FANTASY Record Keeper
・ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

などがCocos2d-xで開発された作品です。

授業では、まず初めにシンプルなシューティングゲームを作成しました。
敵を規則的に動かして、自機をマウスで操作して、敵と弾がぶつかったら爆発エフェクトを表示して……
これらのプログラムはCocos2d-xを使えば簡単!
たった3回の授業で完成できました。

次は、1分間ボールをカゴに入れまくる『玉入れ』ゲームを制作中!
ボールはマウスで引っ張って離すと飛んでいく仕様になっています。
Cocos2D-xでは物理エンジンも使えるので、こういうゲームが得意なんです。

制作中のゲーム画面

1年生は今までC言語やC++でのちょっと地味なプログラムをメインに勉強してきましたが、Cocos2d-xは動くゲームが簡単に開発できるので、楽しんで勉強しているようです。


過去の授業風景

  • 資料請求
  • 学校見学申込み
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学生制度